DHA・EPAで健康になる

血液をサラサラにして脳の働きを活発にするDHA・EPA




DHA・EPAは、青魚に多く含まれる栄養成分です。

DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸の略称で、どちらも体内では作ることのできない物質です。

これらは血液のめぐりを良くして血をサラサラにし、血液中の脂質濃度を下げることから、中性脂肪が高い人におすすめの栄養成分であり、動脈硬化の予防になるとされています。

また魚を食べると頭が良くなると言われますが、これらの成分は情報伝達機能を受け持神経を作る働きを担っており、脳の働きを活性化する効果があるのです。

加齢と共に、DHA・EPAは不足し、不足することにより脳の働きが衰えたり血液の循環が悪くなって決戦などもできやすくなり病気のリスクも高まります。

なので、日頃の食生活により、こうした成分を摂取することが大切なのです。

青魚に含まれているものの、なかなか日々の食生活でたくさん取り入れることができないため、最近ではDHA・EPA成分が含まれたサプリメントもいろいろと販売されています。

健康のために、こうしたサプリメントを摂取することもひとつの方法です。